カップルとしての関わり合い

FG118_L

永続性も、カップルとしての関わり合いのひとつです。文字通り「死がふたりを分かつまで」か、それでなくとも長期間、彼らはともに生きることを互いに期待します。友人関係以上に、彼らは遠くへの転居や転職や、価値観やライフスタイルの変化といった状況の変化を乗り越えて、関係を維持することを互いに期待しているのです。

さまざまな関係を取り巻く慣習的な”期待”彼らがどのように振舞い、何を目標にすべきかといった、広く受け入れられている”理想像”が、カップルを定義する助けになります。

ある人がもうひとりに「あなたの友達になりたい」「あなたとカップルになりたい」などと言う場合、ふたりは、踏み込もうとしている友情またはカップルとしての関係について、そこにある関わり合いが必要だという感覚を共有し、それぞれの関係の基準にそって、互いに期待し、期待されるべきことを受け入れているものです。

お付き合いを始めた後の2人の関係が不安ですか?まずは第一歩を踏み出してみないことには、嬉しいことも悲しいこともなにも起こりません。
あなた自身の力で新しい未来への第一歩を踏み出してください。
まずは、ここから始めましょう。不安を感じつつもお相手探しに行動している人たちが集まっています。あなたも是非どうぞ!

☆カップルの関係に必要な永続性という観念は、実際にそれが本当に続いて行くかどうかよりも、続いて行くはずだという信念を共有することで生まれるものです。

出典:結婚相談所 比較

ふたりをカップルにするものは何?

FG151_L

ほかの対人関係にも排他性を見ることは可能です。親友はたったひとりでなければならず、もし別の友人と親密そうにしていたら、ふたりの友情にヒビが入るというような場合もあります。しかし、私たちはやはりカップルの関係をほかのそれよりも優先するし、初めてのデートのような初期の段階ですら、排他性はとても重要なのです。

ほとんどカップルとは言えず、お互い相手にパートナー候補として魅力を感じているだけの関係であっても、もしどちらかが、その夜のほとんどを親友とのおしゃべりに費やしたと感じたとしたら、ふたりはあいまいな意味ですらカップルとは言えず、ふたりが過ごした時間をデートと呼ぶこともできなくなってしまうでしょう。

カップルとしての関係に関わることは、それを排他的なものと捉えるだけでなく、高いレベルの相互援助を期待することでもあります。私たちは、困難に陥った場合に相手が全力を尽くして支えになってくれることを期待し、相手に頼ろうとします。

友人関係の場合も、お互いを擁護しあうことを期待している、とは言えますが、カップルの場合の方が、普段からより多くを相手に期待し、期待され、頼り合う関係にあると言えるでしょう。

☆性的魅力は気持ちをはずませるだけてなく、もっと多くのものを与えてくれます。永続性という観念と特別な排他性がふたりの関係にはとても大切です。

出典:

親しい友人同士でもカップルのそれとは違う

FG128_L

「とても」をいくらでもつけられるほど親しい友人同士でも、その関係はカップルのそれとは違うものです。カップルの関係は親密さの度合いによって定義されるのではありません。「ただの友達」とカップルを隔てる明らかな違いは、肉体的な惹かれ合いと性的な情熱の存在です。

友人関係では、カップルの関係のようにセクシャルではありません。でも、セックスだけが友人関係とカップルの違いでないのもたしかです。比較をより複雑にするようですが、性的にも親密であっても、本人たちは自分たちの関係を「友達」だと考え、また周囲からもそう思われている人々もいます。

ふたりの人間が性的な関わりを特別なものと考え、性的親密性が明らかな影響を及ぼすことがカップルをカップルにするものの、すべてのカップルが性的パートナーであるとも限りません。しかし、実践されているいないにかかわらず、やはり性的な排他性(ただ一人と関係を結ぶこと)はカップルの関係の中心的なテーマであり、オープン・マリッジのような場合ですら、排他性を拒絶しつつも合意によって、やはりふたりはお互いの基本パートナーなのです。

典型的なカップルを作る排他性は、性的な親密性だけにとどまりません。特に関係が進展しつつあるとき、私たちはパートナーのことばかり考え、夢中になりがちで、ほかのことをすべき時でもパートナーのことばかりが気になってしまいます。

出典:

友人とカップルはここが違う

FG180_L

第三に、親密な対人関係の中では、私たちははっきりとした相互依存関係を保っています。お互いのために時間を費やし、自分の計画や決意や日々の活動が、ある程度相手のそれに影響されることで、お互いの人生が重なり合うことを受け入れるのです。普通、親密度が増せば増すほど、お互いの人生の重なり合う部分も大きくなります。

第四は、親密な対人関係はいくつかの大切な利益を与えてくれます。この利益はカップルという関係からしか受けられないものではありません。私たちが困っているとき、親しい友人が配偶者や婚約者と同じくらい積極的に助けになってくれようとするでしょうし、励ましてくれるでしょう。自分に自信が持てなくなったときには、適切なアドバイスをあたえてくれるにちがいありません。

カップルの生活はあまりにも緊密に影響し合っているため、場合によっては親しい友人や兄弟姉妹のほうが、配偶者や婚約者よりも適切な利益を与えられる場合もあります。たとえば、あなたが転職しようとしたり、大学に戻って勉強したいといえば、配偶者は、それが自分の生活にも影響を及ぼす(もしかしたら望ましくない方向で)ため、そのプラスとマイナスを秤にかけようとするかもしれません。こんな時は、親しい友人の方が、簡単に、そして心から助けになってくれるようです。

出典:

親密な対人関係とは?

FG140_L

カップルはよく自分たちの関係に友人関係を持ち出すことで、その満足感をあらわします。「私たちはただの夫と妻じゃないの。親友同士なのよ」その一方で、人々は友人関係を持ち出すことで、自分たらがカップルでないことを明確にしようともします。

「私たちはただの友達。それ以上のことは何もないの」未婚・既婚の250人のアメリカ人を調査した結果、27%が彼らの「親友」”ロマンチックな関係ではない相手”は異性だと答えています。さらに男性の55%、女性の44%が「仲の良い友達」は異性だと言っています。

本物のカップルとしての関係は、友情プラス何か、ということのようですが、それは一体どんなもので、どうやって自分たちの関係にもそれが存在していると見きわめられるのでしょう?まず最初に、親密な対人関係(カップルだけにとどまらない)と、そうでない関係を区別するものは何でしょうか。

第一に挙げられるのは、そこには個性化された興味と関心が作用していることです。友人、家族、そしてカップルは、相手を独特で個性を持つ人間として捉え、反応しています。たとえば仲のよい姉妹は、たんに姉妹という役割分担を義務的に遂行するだけにとどまらず、深い愛情を持って互いに関わっています。もしどちらかが死んだり遠く離れてしまったりしたら、彼女たちは大きな喪失感を味わうはずです。

第二に、親密な対人関係の中では、人々はそうでない関係の中でよりも、より率直で無防備です。買い物中に見知らぬ人と言葉を交わしたり、歯医者に行ったり、仕事の面接に行ったりするとき、私たちはある社会状況に向き合っていると考えますが、親しい人と接しているときは、あくまでも個人と向き合っていると感じるものです。

出典: