ほかの対人関係にも排他性を見ることは可能です。親友はたったひとりでなければならず、もし別の友人と親密そうにしていたら、ふたりの友情にヒビが入るというような場合もあります。しかし、私たちはやはりカップルの関係をほかのそれよりも優先するし、初めてのデートのような初期の段階ですら、排他性はとても重要なのです。

ほとんどカップルとは言えず、お互い相手にパートナー候補として魅力を感じているだけの関係であっても、もしどちらかが、その夜のほとんどを親友とのおしゃべりに費やしたと感じたとしたら、ふたりはあいまいな意味ですらカップルとは言えず、ふたりが過ごした時間をデートと呼ぶこともできなくなってしまうでしょう。

カップルとしての関係に関わることは、それを排他的なものと捉えるだけでなく、高いレベルの相互援助を期待することでもあります。私たちは、困難に陥った場合に相手が全力を尽くして支えになってくれることを期待し、相手に頼ろうとします。

友人関係の場合も、お互いを擁護しあうことを期待している、とは言えますが、カップルの場合の方が、普段からより多くを相手に期待し、期待され、頼り合う関係にあると言えるでしょう。

☆性的魅力は気持ちをはずませるだけてなく、もっと多くのものを与えてくれます。永続性という観念と特別な排他性がふたりの関係にはとても大切です。

出典: