「とても」をいくらでもつけられるほど親しい友人同士でも、その関係はカップルのそれとは違うものです。カップルの関係は親密さの度合いによって定義されるのではありません。「ただの友達」とカップルを隔てる明らかな違いは、肉体的な惹かれ合いと性的な情熱の存在です。

友人関係では、カップルの関係のようにセクシャルではありません。でも、セックスだけが友人関係とカップルの違いでないのもたしかです。比較をより複雑にするようですが、性的にも親密であっても、本人たちは自分たちの関係を「友達」だと考え、また周囲からもそう思われている人々もいます。

ふたりの人間が性的な関わりを特別なものと考え、性的親密性が明らかな影響を及ぼすことがカップルをカップルにするものの、すべてのカップルが性的パートナーであるとも限りません。しかし、実践されているいないにかかわらず、やはり性的な排他性(ただ一人と関係を結ぶこと)はカップルの関係の中心的なテーマであり、オープン・マリッジのような場合ですら、排他性を拒絶しつつも合意によって、やはりふたりはお互いの基本パートナーなのです。

典型的なカップルを作る排他性は、性的な親密性だけにとどまりません。特に関係が進展しつつあるとき、私たちはパートナーのことばかり考え、夢中になりがちで、ほかのことをすべき時でもパートナーのことばかりが気になってしまいます。

出典: